テクノロジー

technology

パワーエレクトロニクス

パワーエレクトロニクス(Power Electronics,略称パワエレ)は、半導体を用いて、電圧・電流・周波数を自在に制御する技術です。エネルギー、鉄道、自動車、産業機器、家電など生活に身近な様々な製品に適用され、社会を支えるキーテクノロジーです。社会全体は電気エネルギーへの依存度が高まる中、近年は環境・資源問題をはじめとする社会的な背景に、パワーエレクトロニクスの応用範囲が広がり、新たな局面を迎えています。

 

パワーエレクトロニクスでは、パワーから微小信号まで幅広い回路が混在し、多様な応用や動作環境で、性能や信頼性に対する要求は厳しくなり、さらに高速動作するパワーデバイスからの電磁波干渉(EMI)は周囲の環境に与える影響を配慮が求められます。また、自動化設備や産業機器、工作機械のモータにきめ細かなサーボ制御にもパワエレ技術を活躍しています。

 

当社は、パワー変換、パワー制御、エネルギー貯蔵のパワーエレクトロニクス技術や製品の開発に取り込んでおります。

次世代の研究テーマ

創業以来、レフエレクトロニクスは中長期的なインダストリーイノベーションを軸にグローバル市場での展開や成長をめざしています。国内外の専門性を持った大学や企業と連携し、「実用化に向けて技術革新や新たな価値創造」へのチャレンジ精神が脈々と息づいています。

 

昨今では、インダストリー4.0やAIの技術が注目されています。当社は、アメリカのクレムゾン大学と連携し、機械学習アルゴリズムを用いて、電気自動車向けのシステムモデリングや燃費最適化技術、製造業向けの予防安全やエッジコンピューティング技術の研究開発を進めています。

ページトップ