神奈川県DXプロジェクト推進事業に採択されました。

レフエレクトロニクスは、神奈川県DXプロジェクト推進事業に採択されました。
 
神奈川県DXプロジェクトとは
データとデジタル技術を活用して収益を得るビジネスモデルを創出し、県内企業のDXを促進することにより、新型コロナウイルス感染症で業況が低迷した製造業等、神奈川県内企業の経営状況の回復とさらなる成長に繋げることを目的としたプロジェクトです。

採択プロジェクトの概要
  • プロジェクト名:画像認識AIを活用したIoT開発プロジェクト
  • 提案企業:キュレコ株式会社(ソフトウェア担当)、株式会社レフエレクトロニクス(ハードウェア担当)
  • 内容:物体の種類を瞬時に自動識別できるAI技術を活用し、安価で容易に設置可能なハード、ソフト、カメラが一体化したパッケージ製品を開発する

当社の取り組み
今、あらゆる産業において、AI×データ、IoTの活用などにより、新たなビジネスやサービスが立ち上がり、事業構造の変革が起こっています。こうした変革は、デジタルトランスフォーメーション(DX)と呼ばれ、どの企業においても重点経営課題となっています。DXには、利用者にとって価値を生み出すデータを集約・分析・活用して、現場視点で価値があるビジネスを創出することが重要です。

レフエレクトロニクスは、これまでアメリカの大学と製造業向けの予防安全やエッジコンピューティング技術の研究開発を進めてきました。今回は画像処理のAI技術を得意とするキュレコ株式会社と連携して、当社が得意とするパワーエレクトロニクス技術を駆使し、電源喪失時でも安全に制御できる信頼性が高いエッジコンピューティング製品の実用化を目指し、企業現場の生産性向上に貢献してまいります。

ページトップ